にんにく卵黄 副作用

栄養豊富で健康にいいとされるにんにく卵黄ですが、食べ過ぎれば副作用が出ることがあります。
どんな副作用が起こるのでしょうか。

主に以下の四つ考えられます。

一つ目は胃痛、腹痛などの胃腸障害。
にんにくは刺激の強い食品なので、もともと胃腸の弱い体質の方や一度の多量接種などでこのような症状が出ることがあります。
対処法としては一度にたくさん飲まないこと。また空腹時の接種を避けることなどがあげられます。

二つ目は整腸作用の効きすぎにより、お腹が緩くなったり下痢になったりしてしまう可能性です。
もともと下痢を起こしやすい方や胃腸の粘膜が弱い方に起こりやすいものですが、ひとつめの対処法と同じ方法でかなり防げます。

三つ目は抗血栓薬(血液をサラサラにする薬)との相互作用により血液がサラサラになりすぎて出血しやすくなることです。
薬を服用中の方は過剰摂取に注意し、医師に相談する必要があるかもしれません。

そして四つ目が、アレルギー反応です。
にんにくや卵にアレルギーをお持ちの場合、そのアレルギー症状が現れることがあります。
程度の重さにより医師に相談するかどうか決める必要があります。

以上のことを見ていくと、にんにく卵黄の副作用がある可能性はあれど、過剰
摂取を控えることで予防はできるものと判断できるのではないでしょうか。

にんにく卵黄に匂いはあるのか

にんにく卵黄は、世代を問わず、幅広い年代の方々に親しまれているサプリメントです。

カプセルタイプのものから、顆粒タイプのものと様々です。

にんにく卵黄 匂い

商品によっては、にんにくの独特な匂いがあります。

卵黄のたんぱく質で包み、匂いを緩和してあるものもあるので、匂いが苦手という方は、カプセルタイプを選ぶと良いでしょう。

にんにく卵黄は、滋養食として人気が高いです。

免疫力向上

疲労回復や免疫力の向上、老化防止、腸内環境の改善、ガン予防など、様々な効果が期待されています。

腸内環境が改善されれば、吹き出物なども少なくなり、美肌効果もあります。

身体に良いからと言って、一度に大量に摂取することは避けた方が良いでしょう。

にんにくの成分には殺菌作用もある為、摂取し過ぎてしまうと、腸内に存在する有用菌まで殺菌しかねません。

卵アレルギー

また胃痛の原因となったり、腸が刺激されることによって下痢してしまう可能性も高いのです。

卵アレルギーを持っている方は、医師に相談してから摂取するようにしましょう。