にんにく卵黄 高血圧

高血圧は心臓をはじめ、身体の各器官に負担をかけやすいため、なるべく早い段階で高血圧の症状を予防させる必要があります。

運動や食事療法などいくつかの予防方法がありますが、特におすすめなのはにんにく卵黄サプリメントを利用する方法です。

毎日決められた用法や用量を摂取することで、にんにく卵黄に含まれる栄養素の働きによって身体を健康な状態にすることが出来るのです。具体的には、硫黄化合物と呼ばれる栄養素の働きが優れているのが特徴です。この硫黄化合物は血液をサラサラの状態にする役割があり、血管の血栓をなくす効果も期待できます。そのため血液の流れを良くして心臓の負担を軽くする事も出来るため、体に無理なく高血圧を予防することができるのです。

また、にんにくには過剰に摂取した塩分を身体の外側に排出するという役割もあるため、塩辛い食べ物を食べ過ぎてしまったときや外食が続いてしまった時などににんにく卵黄を利用するのがおすすめです。

黒酢とにんにくが持つ効能

これからいよいよ夏が本格化します。すでに熱中症になる人や夏バテになる人も出ています。

そんな夏バテ防止に最適なのが、黒酢とにんにくです。いずれも大変健康によく、両者を合わせた「黒酢にんにく」はとても人気で、サプリメントも出ています。

まず、黒酢に含まれるクエン酸やアミノ酸が、乳酸を分解してくれるので疲労回復の効能があります。

クエン酸は腸の活動も促してくれます。オリゴ糖などと一緒にとると、便秘も解消し、ダイエット効果があります。そして、にんにくのアリシンやスコルジンが、エネルギーを生み出すのに必要なビタミンB1の吸収を助けてくれます。

そして、さらにアリシンにはコレステロールの合成を抑制する働きがあるため、したがってダイエット効果があります。しかも血液をサラサラにしてくれます。血液の粘性が少ないことは健康に大きな関わりがあります。この暑い夏をこの二つの力で乗り切り、ついでにダイエットもできたら一石二鳥です。

高血圧予防に有効な成分配合サプリメントとは?

高血圧予防のためには、血圧の上昇を抑える成分が有効になるため、血管を拡張させて血液をサラサラにすることで、血圧の上昇を抑えることができます。

高血圧予防

高血圧予防に有効な成分配合として、細胞内の働きを高め血液の酸や塩素の均衡をとるカリウム、過剰摂取により血管を細くし血圧上昇するカルシウムが取り込まれるのを抑え血管の拡張や収縮を調整するマグネシウム、抗酸化作用や血管の強化、拡張、血液がサラサラになる作用のあるルチン、抗酸化作用により血中コレステロールの酸化を防止するリコピン、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすDHAなどがあります。

他にも、血中コレステロールの上昇を抑えてくれるカテキンや交感神経抑制作用により食塩からの高血圧を防止できるタウリンなどがあります。

血中コレステロール

食事でこれらの成分が摂取できれば一番ですが、バランスよく摂取するためには、経済的にも負担が大きくなりがちです。サプリメントであれば、バランスよく適正量を継続して摂取することができ、合理的かつ経済的に摂取することができます。

動脈硬化の最大の原因は高血圧だ!

動脈硬化とは、動脈に中性脂肪やコレステロールなどがたまって詰まってしまったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失い、もろくなった状態のことを言います。

そのため、血液がスムーズに流れなくなり、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給が行なわれにくくなります。

症状が進行すると、日本人の死因の主な原因である狭心症や心筋梗塞などの心疾患や、脳梗塞・脳出血などの脳血管疾患を引き起こす恐れがあります。

高血圧改善

動脈硬化は、食事・運動・飲酒・喫煙・ストレスなどの生活習慣の違いによっても大きく影響されますが、最大の原因としては高血圧があげられます。

高血圧はサイレントキラーとも呼ばれており、自覚が出た時には相当症状が進んでいることが多いのです。

そのままにしておくと、腎臓に血液を送る細動脈に圧力がかかるため、血管内の細胞が増殖し、血管が狭くなります(細動脈硬化と言います)。

そのため、動脈硬化も進行し、心臓に関する合併症や腎障害などが起こることにつながりやすいのです。